2月 | 2014 | 審美歯科コラム

審美歯科コラム


歯肉炎と歯周炎って違うの?って思われる方、多いと思います。
一般的に考えるのは、歯肉炎も歯周炎も歯ぐきが腫れて出血したりする状態。
では何が違うのでしょうか。

私たちが歯ぐきから血が出てまず気づく状態は、「歯肉炎」です。
これは、歯と歯肉の間にできたポケットと呼ばれる溝が深くなって、歯ぐきに炎症が起こり、歯みがきの時に出血するような状態で、歯周病の初期段階です。
歯肉炎になる原因は、主に歯の汚れです。
対策としては、ブラッシングをしっかりして歯垢を落とし、落ちにくい歯石は定期的に歯科でとってもらうようにします。
歯肉炎はこうした努力を続けることで改善される場合がほとんどです。

その一方で、歯肉炎を治さないまま放置すると、「歯周炎」に移行してしまう場合があります。
歯周炎の状態になると、歯肉に炎症を起こすだけでなく、歯の土台である歯槽骨が破壊されていきます。
歯周炎の怖いところは、安定した土台を失った歯がぐらつきなじめ、やがては抜けてしまうところにあります。
歯周炎を予防するためには、歯肉炎を治しておくことはもちろんですが、
他にも歯並びや噛み合わせ、歯ぎしりなどいろいろな原因で歯槽骨を傷めることもあります。
大切な歯を守るために、まずは定期的に歯のクリーニングに通って、歯ぐきの状態もチェックしてもらうのが安心ですね。


セラミックなら大阪審美歯科センター
2014年2月14日


みなさんのまわりに、歯周病の人はどのくらいおられますか?
歯科にかからなければいけないほどの症状がある人はそんなにいないかもしれませんが、
歯ぐきから時々出血するという程度の人ならたくさんいるのではありませんか?
そしてあなたも・・・?
厚生労働省の調査によると、年齢が上がるにつれて自覚症状のある人が増えて、
50~59歳では、15%ほどの人が歯ぐきが腫れたり歯がグラグラすると答えています。
この年代では、歯ぐきが下がったり歯を磨いたときに出血したりする人も30%を超えています。
歯周ポケットを持つ割合は、浅いものも含めると40~50%にもなります。
そして10%ほどの人は、歯周病の治療を受けています。
歯周病の自覚症状が増えてくるのは、40歳を過ぎた頃からなので、
この年齢の方々は、歯の健康にそれまで以上に注意する必要があります。
ここできちんと歯のお手入れをするか放置するかで、その後の口腔内の状況が変わってきます。
8020運動といって、80歳で20本の自分の歯を残そうと言われていますが、
それができるかどうかは、40歳からのお手入れにかかっていると言っても過言ではありません。
今では良い義歯やインプラントもありますが、できることならいつまでも自分の歯で食べたいですよね。
歯科には定期的に検診に行くことを心がけ、気になる症状がある場合は、できるだけ早く受診しましょう。


セラミックなら大阪審美歯科センター
2014年2月4日

実績豊富  初診カウンセリング無料

まずは、無料電話相談を

Call:0120-505-589

相談受付時間 月~日 9:00~20:00

無料Web診断・無料メール相談

治療費・方法・治療期間などをお答えします

初診予約はこちら 初診カウンセリングは無料です

無料初診のご予約はお電話かメールでどうぞ

まずは、無料電話相談を

Call:0120-505-589

相談受付時間 月~日 9:00~20:00