6月 | 2015 | 審美歯科コラム

審美歯科コラム


「口腔ケア」という言葉を聞いたことがない方も多いと思います。

字面からわかるように、お口の中をケアするということですが、

特に、自分では歯みがきがうまくできないような高齢者や、

認知症をはじめとした病気の方、障がい者の方にとっては、

お口の中の汚れを落とし、お口の健康状態を保つことが大切です。

人によっては、口腔ケアの必要性を理解していただくことも難しい場合や、

お口を開けていただくことさえままならない場合もありますが、

お口の健康は全身の健康に関わってきますので、

ぜひとも口腔ケアを受けていただきたいところです。

お口の中の状態、歯の状態、歯ぐきの状態、入れ歯の状態など、チェックポイントはたくさんあります。

介護・看護される方は、ご苦労も多いことと思いますが、

歯科医師ともよく相談されて進められるとよいでしょう。

自分では歯みがきができない障がい者の方でも、

介護をされる方が毎日食後の口腔ケアをきちんと続けただけで、

30年以上も虫歯なしに丈夫な歯でこられている場合もあります。

そのような方は、たとえ刻み食でも自分の歯でしっかり食べることができますし、

全身の状態も比較的良好に過ごされることが多いようです。

これから暑い時期を迎えますので、体力を維持するためにも、

お口の状態をよく保って、しっかり栄養をとっていただきたいものです。


セラミックなら大阪審美歯科センター
2015年6月21日

実績豊富  初診カウンセリング無料

まずは、無料電話相談を

Call:0120-505-589

相談受付時間 月~日 9:00~20:00

無料Web診断・無料メール相談

治療費・方法・治療期間などをお答えします

初診予約はこちら 初診カウンセリングは無料です

無料初診のご予約はお電話かメールでどうぞ

まずは、無料電話相談を

Call:0120-505-589

相談受付時間 月~日 9:00~20:00