10月 | 2015 | 審美歯科コラム

審美歯科コラム


金属アレルギーで真っ先に思い浮かぶのは、
ネックレスで首の回りがかぶれたり、ピアスで耳がかぶれたり、というものですね。
赤くなって、かゆくなって、時にはただれてきたりして、
皮膚科に行って初めて「金属アレルギー」だとわかった人は多いのではないでしょうか。
もともとそれらの金属は肌にふれるだけでは無害なものなのですが、
たまたま汗をかくような時にネックレスなどをつけていて、
それが身体の中に入ってしまうようなことがあると、アレルギーを起こすことになります。

歯科でも、同じようなことがあります。
歯に金属の詰めものやかぶせものをすることで、その金属が体内に吸収され、アレルギーの原因になることがあるのです。
ネックレスやピアスと同じように、すべての人がそうなるというわけではなく、可能性がある、ということです。
金属の詰めものやかぶせものは保険がきいて安価なので、昔からよく使用されています。
そのせいか、近年金属アレルギーは増加しているそうです。
一度金属アレルギーを起こしてしまうともう、「アレルギーを治す」ということはできません。
金属アレルギーを持っている方は、歯科治療の際には必ず申し出てください。
アレルギーをもっていない方も、金属を使わない治療を選んでいただければ安心です。
また、金属アレルギーの検査は、皮膚科などで受けることができます。
簡単なパッチテストで、何に対してアレルギーを起こすのかがわかりますので、
心配な方は、いちど検査を受けてみられるのもいいでしょう。


セラミックなら大阪審美歯科センター
2015年10月27日

実績豊富  初診カウンセリング無料

まずは、無料電話相談を

Call:0120-505-589

相談受付時間 月~日 9:00~20:00

無料Web診断・無料メール相談

治療費・方法・治療期間などをお答えします

初診予約はこちら 初診カウンセリングは無料です

無料初診のご予約はお電話かメールでどうぞ

まずは、無料電話相談を

Call:0120-505-589

相談受付時間 月~日 9:00~20:00