2月 | 2016 | 審美歯科コラム

審美歯科コラム


唾液は、ふだん特に気にせずに過ごしている方が大半だと思いますが、
一日に1リットル以上も分泌されています。
そして唾液は、お口の中を潤し、ものを食べたりしゃべったりしやすくする他にも
いろいろな異物をお口の中から洗い流したり、たくさんの働きをしています。
そのため、加齢や何らかの病気、お薬の使用などによって唾液の量が減ると、
さまざまな不具合が生じてきます。
お口の中が乾いた状態になるので、ものが食べにくくなります。
また、汚れを洗い流す作用が弱まるので、虫歯もできやすくなります。
お話がしづらくなる方もおられますし、誤嚥性肺炎の危険も増します。
このようなことを避けるためには、できるだけしっかり唾液の出る状態を保つことが必要です。
食事の時によく噛んで食べることや、脱水状態にならないよう気をつけてください。

唾液腺を刺激して、唾液が出やすくするためのマッサージもあります。
唾液は耳下腺、顎下腺、舌下腺の3か所から分泌されますが、
それぞれの腺の部分を刺激すると効果的です。
耳下腺は、耳たぶの下のあたり。
親指以外の4本の指で、やさしく回すようにマッサージします。
顎下腺は、耳たぶの下から顎下にかけて。
同じく、指でやさしく5か所くらいに分けて押さえます。
舌下腺は、顎の下の中央部分。
両手の親指をそろえて、しっかりと押さえます。
他にも、お口を大きく開けたり、舌を大きく動かすことも効果的です。

唾液をしっかり出して、お口の健康と体の健康を守りましょう。


セラミックなら大阪審美歯科センター
2016年2月16日

実績豊富  初診カウンセリング無料

まずは、無料電話相談を

Call:0120-505-589

相談受付時間 月~日 9:00~20:00

無料Web診断・無料メール相談

治療費・方法・治療期間などをお答えします

初診予約はこちら 初診カウンセリングは無料です

無料初診のご予約はお電話かメールでどうぞ

まずは、無料電話相談を

Call:0120-505-589

相談受付時間 月~日 9:00~20:00