ラミネートべニアなら口コミで人気の大阪審美歯科センターへどうぞ

ラミネートベニア

  • TOP
  • ラミネートベニア

ラミネートベニア

ラミネートベニアとは虫歯や抗生物質によって歯の色が変色した場合に歯をあまり削ることなく、セラミックを用いて、歯の変色部分につけ爪のようなセラミックのシェルを貼り付けて、きれいにする治療法です。

セラミックの薄片を貼ってきれいに

※ベニア・・・歯の修復箇所に貼り合わせる薄片です。

歯にやさしい治療法です

ラミネートベニアは、歯質の削除が少なく、歯肉の色素沈着がないのが特徴です。

前歯を整えるのに最適な治療法です

前歯に使用するもので、歯の色を白くしたり、歯と歯の隙間の改善、歯の形を部分的に整えるのに最適な審美治療です。

ラミネートベニア

抗生物質のお話

抗生物質のお話

むかし新潟県のある町で起こったことです。

その町には1つの小児科がありました。

その町の子どもはみんなその小児科に通っていました。

その小児科で処方されていた抗生物質テトラサイクリンによってその町の子どもたちはみんな同じように歯の色が変色してしまいました。

テトラサイクリンは歯が変色するということが知られる前まではよく使われていた薬でした。現在ではそのことを知らない小児科の先生はもちろんおりませんのでご安心ください。

歯の色で悩んでおられる方の中には子どもの頃に知らずに服用していて、なぜ歯の色が悪いのか理由がわからないままでいる方も多いようです。

テトラサイクリンで変色した歯はホワイトニングでは縞模様が残ってしまい、白くすること が難しい場合があります。その場合上記のようにラミネートべニア法で治療する方法があります。

治療のステップ
ステップ1
ラミネートべニアの説明1
治療前 歯の断面イメージ。
ステップ2
ラミネートべニアの説明
見える面だけを一層(0.5〜0.8mm)削ります。
ステップ3
ラミネートべニアの説明3
削った部分に貼り付けるためのシェルを、セラミックでつくります。(患者さんの個性にあわせたオーダーメイドです。)
ステップ4
ラミネートべニアの説明4
接着剤(コンポジェットレジン)で、歯に貼り付けます。
ステップ5
ラミネートべニアの説明5
治療完了

実績豊富  初診カウンセリング無料

まずは、無料電話相談を

Call:0120-505-589

相談受付時間 月〜日 9:00〜20:00

無料Web診断・無料メール相談

治療費・方法・治療期間などをお答えします

初診予約はこちら 初診カウンセリングは無料です

無料初診のご予約はお電話かメールでどうぞ

LINEで無料相談

LINEで簡単に無料相談ができます!