6月 | 2013 | 審美歯科コラム

審美歯科コラム


八重歯というのは、上の犬歯が他の歯より前に出てしまっている状態です。
八重歯ができる原因はいろいろありますが、歯が生え替わる順番によって、後から生えた犬歯にスペースがなく八重歯になったり、顎が小さために大きい永久歯である犬歯が納まりきらなかったり、
また、生まれつきそのような歯列になっている場合もあります。

笑ったときにちらっと見える八重歯がチャーミング、などと言われることもあり、日本では昔から八重歯を積極的に治療するという考えはありませんでした。そればかりか、八重歯をチャームポイントとしてとらえ、つけ爪ならぬ「つけ八重歯」もあるそうです。

一方昔から欧米では、宗教的な理由によって、吸血鬼・悪魔を連想させる八重歯は即治療の対象となります。子どもの八重歯を放置するなんて信じられない、と言われます。

このようなことから、日本人の八重歯に関する考え方も変わりつつあります。今はグローバル化の時代ですから、日本人も海外で仕事をされる方が多く、きれいな歯並びが好まれるようになり、矯正を望む人が増えてきているのです。

さらに、見た目以外に、八重歯はむし歯を作りやすいということがあります。歯並びが悪いと、どうしても歯の重なっている部分に磨き残しができてしまうからです。

毎日の歯みがきに苦労するよりも、八重歯を矯正してすっきりとした口元になりませんか。
矯正装置をつけて歯を動かす方法以外に、簡単にセラミックをかぶせることで治るケースもあります。八重歯を治すことで海外旅行に出かけても自信を持って笑ったりしゃべったり出来るようになりますよ。

sinbi_colum_14


セラミックなら大阪審美歯科センター
2013年6月29日


歯のカルシウムは、普通は口の中のpH(ペーハー)の状態によって、絶えず溶け出したり、また取り込まれたりしています。このバランスがとれている間は、「歯が溶ける」ということはありません。
しかしpHが5.5より強い酸性の中では、歯のカルシウムは溶け出し続けます。すると、バランスが崩れて、「歯が溶ける」ということになります。

胃食道逆流症(逆流性食道炎)でむし歯になるというのは、胃液が強い酸性であるためです。
胃液の中に含まれる胃酸は、驚くことに、なんとpH1~2の「塩酸」です。そのため逆流して口の中にまで上がってきた胃酸が、歯のカルシウムを溶かしてしまうのです。

カルシウムが溶けた歯にむし歯菌がつくと、どんどんむし歯が進行してしまいます。また、嘔吐を繰り返すタイプの拒食症でも、歯が悪くなることがあります。これも胃酸によるものです。

胃酸は食物の消化吸収や、バクテリアやウイルスを殺す解毒作用など、重要な役目を担っています。
しかし、歯に関しては要注意です。

胃酸が逆流することで、むし歯だけでなく歯ぎしりや知覚過敏の原因になることもあります。
胸焼けやげっぷ、胃酸の逆流その他、胃食道逆流症の症状がある方は、原因をみつけて治療するのはもちろんのこと、歯の状態もいちど調べてもらうとよいでしょう。

 


セラミックなら大阪審美歯科センター
2013年6月26日


天王寺に建設中の「ハルカス」。
グランドオープンは2014年春ですが、明日6月13日(木)、近鉄百貨店の本店タワー館が、ついにオープンします。地下2階から地上14階までの売り場に、長時間滞在できるようにレストスペースを広く確保し、化粧室やBGMにも工夫がこらされているそうです。大阪が活性化するのは、うれしいことですね。

さて、6月4日~10日は、歯の衛生週間でした。ハルカスのすぐ近くにある天王寺動物園では、カバのテツオ君の歯みがき教室が開催されたそうです。子どもたち、喜んだでしょうね。

むし歯になる原因は、まず歯にむし歯菌(ミュータンス菌)がいること。
この菌は生まれた時には持っていませんので、保護者などから感染したと思われます。
今では赤ちゃんに口うつしで食べさせることや、スプーンの共用などは避けるようにと言われています。昔は普通だったことが、今ではNGということも多々ありますので、気をつけたいですね。

さらに、むし歯菌のいる歯に食べ物が付着して、歯みがきを怠るとますますむし歯を増やしてしまいます。甘い物を食べすぎない、食べた後は歯みがきをしっかりする、といったことを習慣づけて、むし歯を作らないようにしましょう。

また、すでに作ってしまったむし歯も、ちゃんと治療してセラミックをかぶせたり、詰め物をセラミックに換えるだけで、もとの歯と同じくらいきれいにすることができます。
きちんとお手入れして、歯を大切にしましょう。

41P-05


セラミックなら大阪審美歯科センター
2013年6月12日

実績豊富  初診カウンセリング無料

まずは、無料電話相談を

Call:0120-505-589

相談受付時間 月~日 9:00~20:00

無料Web診断・無料メール相談

治療費・方法・治療期間などをお答えします

初診予約はこちら 初診カウンセリングは無料です

無料初診のご予約はお電話かメールでどうぞ

まずは、無料電話相談を

Call:0120-505-589

相談受付時間 月~日 9:00~20:00