5月 | 2014 | 審美歯科コラム

審美歯科コラム


5月も中旬になり、木々の緑が美しい季節になりました。
それと同時に、日差しが強くなり、日焼けが心配な時期に入ってきましたね。
日焼けをするのは、「メラニン色素」というものの働きです。
メラニン色素はふだんは皮膚にあって、紫外線をさえぎり、皮膚を守ってくれていますが、
たくさんの紫外線を浴びてしまうと、メラニン色素が多量に作られてしまい、
そのために肌が黒くなったり、シミができたりすることになります。
これは、紫外線が身体に害をおよぼすので、メラニン色素をたくさん沈着させて細胞が自分を守ろうとする働きです。
歯ぐきもそれと同じように紫外線にあたってメラニンが沈着したり、、またタバコを吸うことなどによって、黒っぽく変色することがあります。
また、もともとメラニン色素を多く持っている場合もあります。
日焼けした肌は、時間と共に色が薄れて、元通りの色に戻って行きますが、
歯ぐきに沈着したメラニン色素は、残念ながら、自然に色が薄くなったり消えるのは難しいと考えられます。
喫煙が原因の場合は、喫煙をやめればいくらかの効果は期待できますが、
なかなか歯ぐきの色が改善されない場合は、審美歯科で薬剤によってメラニン色素を取り除くことも可能です。
歯ぐきは笑ったりした時に、意外に見えてしまいます。
きれいなピンク色の歯ぐきなら、表情も明るく見えますよ。


セラミックなら大阪審美歯科センター
2014年5月13日

実績豊富  初診カウンセリング無料

まずは、無料電話相談を

Call:0120-505-589

相談受付時間 月~日 9:00~20:00

無料Web診断・無料メール相談

治療費・方法・治療期間などをお答えします

初診予約はこちら 初診カウンセリングは無料です

無料初診のご予約はお電話かメールでどうぞ

まずは、無料電話相談を

Call:0120-505-589

相談受付時間 月~日 9:00~20:00